プログラミングが大学入試で必修化!!

2020年から、いよいよ小学校でプログラミング教育がスタートします!

また、2021年から、中学校でも「技術家庭」の授業の中で、2022年から、高校でも「情報」科目の中でプログラミングが始まります!

そして、2024年から、大学入試共通テスト(センター試験)で、「情報」科目としてプログラミングが必修になることが検討されています!!!

しかも、点数の配点は、英語数学などの主要科目と同じ、重要科目として検討されています!

今の中学1年生や小学生は、将来の大学受験で、PCに向かってコードを打ち込む日が待っています!

詳しくは2018年に政府が開いた 「未来投資戦略2018」の中で公表されています。 https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/pdf/miraitousi2018_zentai.pdf

安部首相は、この未来投資会議の中で、「プログラミングは、現代の『読み・書き・そろばん』になる」と述べています。

そのぐらい重要なプログラミング教育ですが、実際の塾の現場で、保護者の方に話を伺うと、

「先生、うちの子は、まだ、プログラミング教育は早いですよ~。英語と数学についていくのが精いっぱいです。。。」という声を、よく耳にします。

確かに、お気持ちは分かるのですが、もうすぐ大学入試で始まってしまいます。しかも配点は英語数学と同じ!

他の生徒さんが、プログラミング教育を意識していない今のうちに、先行してプログラミング学習を進めておけば、大学入試の際に、とても有利にもなります!

幸いなことに、現在、小学生向けに楽しくゲーム感覚でプログラミング教育を学べる学習ソフトが、たくさん開発されています。

また、オンラインで無料でプログラミング学習が出来るソフトScratch(スクラッチ)も公開されています!https://scratch.mit.edu/studios/1168062/

スクラッチとは、難しいプログラミング言語やコードを学ばなくても、簡単にプログラミング学習ができる無料のソフトです。

先日、小学3年生の姪っ子と、スクラッチで遊んでみました(^^♪

スクラッチは、ブロックを使って、「ネコ」に指令を出してネコを自由に動かして遊びます。例えば、「3歩右に行ってニャーと叫ぶ」などの指令を出します。

子供は、細かいルールを教えなくても、自分で勝手に遊びながら覚えていきます!普段、勉強は嫌いな姪っ子ですが、1時間ほど集中して遊んでいました(^^)

小学生のお子さんを持つお母さんは、休日に、スクラッチで一緒に遊んでみるのもいいのでは、と思います(^.^)

今の子供達が大人になる頃には、携帯のアプリは自分で作れるようになっているのかもしれません!とても楽しみです!

Follow me!